おっさん化

9月9日の夕食
 *豚肉とごぼうと三つ葉の卵とじ
 *大根餅
 *刺し身こんにゃく
 *やみつききゅうり
 *玉ねぎと麸の味噌汁

一昔、いやふた昔前の贈り物と言えば石鹸でしたが、
ボディーソープなるものが幅を利かせるようになってからは、
めっきり見なくなりました。

私もパウダーイン♪なんてCMに乗せられ、
使いやすさも手伝って、ボディーソープを使っていましたが、
昨年の夏頃からこれ↓にしました。


懐かしの青箱。

贈り物でいただくこともありませんので、
わざわざ薬局に買いに行かなくてはいけません。


箱を開けて袋を破ると石鹸の良い香り・:*:・(*´艸`*)ウットリ・:*:・
新品を手にした時の感触。
良いですね。

お風呂に入って、まずはボディタオル(やわらかめ)に石鹸をつけて泡立てる。
きめの細かい泡ができます。
体を洗ってから、髪、顔と洗い、頭から一気にお湯をかけて泡を流す。

小学生の頃まで小さい借家に住んでいたのですが、
木のお風呂だったんですよ。
薪で沸かしていたので、今のように蛇口をひねればお湯が出ると
いうことがなかったものですから、
湯船のお湯を家族4人で使うわけです。
ジャバジャバと好きなだけ使ってしまえば、
後に入る人のお湯が無くなってしまいます。

私は髪が長かったので、お湯も当然たくさん使います。
なので、私が最初に入った後は「お湯がない!考えて使え!」と、
父親から怒鳴られたものです。

だから、体から洗って、髪を洗い、顔を洗って、頭からお湯をかぶるというのは、
いかにお湯を使わずにお風呂に入るかという、
自分で考えた知恵でした。

こうやって染み付いた習慣は、未だになくなりません。
主人がシャワーでジャバジャバといつまでも洗っているのを見ると、
もったいないと思うわけです。

あ、話が逸れた。
石鹸だった。

そう、シャンプーで顔は洗わないし、
ボディソープで髪は洗わないでしょう?
でも、石鹸だったらオールOK!

もともと水と油は混ざり合わないため、
ボディソープのようなエマルション(乳濁液)にするには界面活性剤が使われます。
それが体には良くないんですね。
でも、石鹸ならそんな心配も無いわけです。
だから、赤ちゃんからお年寄りまで安心して使えるんです。
強い香料が入った高級な石鹸なんて要りません。
シンプル イズ ベスト なのです。

昔は風呂桶に石鹸1個とタオルで銭湯に行くおっちゃんを見かけましたが
家風呂ではありますが私もそうです。

今日は新しい石鹸をおろして小さな幸せ(*n´ω`n*)

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ポチッとしていただくと嬉しいです。





スポンサーサイト
TOP
プロフィール

わびちゃん

Author:わびちゃん
ネガティブ思考。
言いたいことも言えずに我慢しちゃいます。
ここでは口に出して言えないことも書かせていただきます。
吐き出しも多いですが、温かい目で見てくださるとありがたいです。
二匹の愛猫(雄猫9歳・雌猫8歳)に癒される毎日です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1702位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
216位
アクセスランキングを見る>>

スピッツ “醒めない”

フジファブリック “SUPER!!”

フジファブリック SUPER!!

yjimage.jpg

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング