はぴば
2018年01月23日 (火) | 編集 |
2018-01-23 200844
1月23日の晩ごはん
 *明太いわし
 *きんぴらごぼう
 *油揚げの袋煮
 *里芋の味噌汁

先日前倒しですき焼きでお祝いをした息子の誕生日。
もうすっかり忘れていて、ケーキなども買っていない。

帰宅すると、「マネージャーから誕プレもらった。」と、
ハラダのラスクと治一郎のバウムクーヘンを見せてくれたけど、
しっかり自分の部屋に持って行っちゃった。

そして、趣味仲間がお祝いに飲みに連れて行ってくれるそうで、
もう親が祝わなくても、友達やらと勝手に盛り上がってくるんだね。

相変わらずコンビニバイトを続けているんだけど、
ほとんど毎日行っているので、
厚生年金も社会保険も加入してくれるそうで助かるわ。
有給休暇も取れるそうなので、平日に休みを取って自動車免許の更新に行くそうだ。

これから先はどうするのか分からない。
本人いろいろ考えているんだろうし、
もう立派な大人なんだし、
私の古い考えを押し付けるのもいかがかと思うので、
息子の思うようにしたら良いと思う。

結婚とかもそう。
結婚が幸せかって言われたら「?」だし、
幸せの尺度って人それぞれだし、
息子が幸せだと感じられればそれで良いと思うので。

今の私にできるのは、食事の世話くらいだけど、
それで良いんじゃないかな。
要するに、自分のこと、家のこと、親のことで精一杯で、
子供のことまで世話を焼く体力が無くなってきたってことですね(笑)
スポンサーサイト
この2人には疲れる
2017年12月06日 (水) | 編集 |
2017-12-06 18639
12月6日の晩ごはん
 *タラのホイル焼き
 *七福なます
 *やみつきキャベツ
 *さつまいもとりんごの煮物
 *ブロッコリーのポタージュ

主人の気分屋はいつものこと。
長年付き合ってる私は空気を読んで、
それ以上気分を害さないようにしてるんだけど、
義母はそういうことができない人だ。

主人が受けた電話の相手(お客さん)が誰かをしつこく聞いている。
「わかれへん」と一言返事をしたきり無口になり、
食べていたお昼ご飯も途中で店に出て行ってしまった。
「怒ってるんか?」と私に聞いてくるけど、
先方が誰だかよくわからないのに、
しつこく「○○さんやろ?」と聞いてくるから鬱陶しいと思ったに違いない。
(その通りだったんだけどね)

義母はブツブツ言っている。
「息子に気を使うのしんどいわ。なんでこんない気を使わなアカンねん!」と怒っていたけど、
「しゃーないね、自分の子供やねんから。」と返してやった。

私が主人の愚痴を言うと、
「あんたにあげてんから、うちは知らん。」と言われるのでね。
なんか気分が良かったわ(笑)

「もう、来年から早く帰らせてもらう!どうせ、うちのお客さんは夕方は来ないから。」

また、同じこと言ってるわ。
喧嘩するといつもそのセリフ。
主人も義母も言うことが幼稚。
親子だね、よく似てるよ。

まあ、その後なんとか主人の機嫌は治ったんだけどね。
ほんと疲れる、この2人には。
電子レンジの下見
2017年12月05日 (火) | 編集 |
2017-12-05 195537
12月5日の晩ごはん
 *ビーフシチュー
 *ブロッコリーのポタージュ

我が家の家電品はお客さんの電器店で買ってます。
が、ほとんど定価な上、メーカーの1年保証しかない。
それでもお付き合いで買っているんだけど、
電子レンジを現金で買うことは、
今の我が家では難しく、
ローンを申し込まなければならない。

来年初めには、娘の教育ローンの借入も申請しなくてはならないので、
これ以上のローンを組むと、教育ローンの審査が通らない可能性があるらしい。
それなら電子レンジ購入は、教育ローンの審査が通ってからでも良かったんだけど、
「ないと困るやろう。」と主人。

え?買ってくれるんだ。

どうやら、猫のエサを温めるのに不自由しているらしい(笑)
猫に冷蔵庫の冷たいエサをあげるのは可哀想みたいです。
(猫は嫌がらずに食べてるけどね)
それに、私よりも子供たちや義母が、
「電子レンジ壊れたら困る」と言うので、
主人も仕方がないと思っているのかも。

夕飯後によどばしさんに下見に行ってきた。
ばるみゅーだの無駄のない美しさに心惹かれたんだけど、
うちのボロ家には似合わないなぁ。
スタイリッシュだもの。

似たような値段で、スチームオーブン機能がついたものにほぼ決定。
家に帰って、いろんな電器店の長期保証なども調べて、
商品価格の差も考えたら、結局よどばしさんで買うことになりそう。
カードで買って分割するしかないな。

先月から私も格安スマホに切り替えたし、
娘の免許取得費用のローンも、あと2ヶ月ほどで終わるので、
なんとか支払いはできるらしい。

新しい電子レンジが買える喜びはあまりなく、
支払い目処がついた安堵感の方が大きい。
悟りを開く
2017年11月26日 (日) | 編集 |
2017-11-26 193921
11月26日の晩ごはん
 *豚こま肉の柚子こしょうあんかけ
 *洋風おから
 *大根と柿のサラダ 
 *豆腐とネギの味噌汁

主人のご機嫌は続いてます。
最近では珍しい。
そのご機嫌を損ねないように、
世話を焼いたり、明るく接したりという努力はしてますけどね。

「鶏天食いたいな~」とか、
「休みはどこへ行こうかな~」とか口に出すのは上機嫌な証拠。
機嫌が良いのは何より。
家の中の空気が多少違うもの。

住む家があって、食べるものが買えてっていうのはありがたいこと。
離婚した場合の事を考えてみたけど、
仕事も住む家もなくちゃ始まらないし、
今のような一軒家に住めるはずがないから、
大事にしてきた趣味のものや、思い出のものも処分しなくてはならなくなるよね。
そして、何よりも私が考えたのは、愛する猫たちの事。

自分ひとりだけでも食べていけるかわからないのに、
猫まで飼えないだろうし、
かと言っておいていくこともできない。
猫のことを考えると不憫で仕方がない。

昨年のクリスマスに私が家出した時、
「店をやめる!家を売る!」と義母に言ったそうだ。
これって脅しでしかないと思うんだけど、
子供たちも住む家を失うってことだし、
離婚をすることによって、
両方が生活レベルが下がってしまうわけで、
それなら我慢するほうがマシって考えるわけです。

他人のことには「別れればいいじゃん」って簡単に言ってしまうけど、
現実問題にはなかなかエネルギーの要ることなんですね。
我慢強く、面倒臭がりな私の性格もあるだろうし、
猫たちがここに留まらせていると言ってもいいかも。

幼少から父の暴力を受けてきたので、
暴力を振るわれないだけでも幸せだと思ってしまう。
それくらい幸せのハードルも低いのですね。
主人と結婚したことを後悔はしていません。
その時の最善の選択をしたはずですから。
なるべくしてなったんだし、これも運命です。
これからも運命に任せるしかありませんね。
穏やかな数日間
2017年11月25日 (土) | 編集 |
2017-11-25 193636
11月25日の晩ごはん
 *ブリの照り焼き
 *キャベツのコールスロー
 *大根と柿のサラダ 
 *カンパチのアラのお吸い物
 *豆ごはん

別れるしかない と数日前ブログに書きなぐったのを知ってか知らずか、
主人の機嫌が良い。
夜は二人だけになることもあるんだけど、
珍しく主人の方からあれこれ話しかけてきた。

どうしたん?

ちょっと気味が悪いけど、家の中が雰囲気良ければ良しとします。
でも、いつまで持つかだけどね~。

私も主人の機嫌に合わせてニコニコしておりますが、
冷めた気持ちは心にあります。
でも、どう考えても別れるのは難しいので、
主人の態度に動じない強い心を持たないといけないと思い始めてます。

家のため、店のため、家族のためと、
私の大事なお金を出してきましたが、
戻ってくることは考えられないので、
自分の為に大事に使っていこうとも思ってます。