気分変調症を発症して14年。気長に病気と闘う自営業妻の日常。
| Login |
2011年02月27日 (日) | 編集 |
2月も最後になりましたね。
ホントに月日が経つのが早いです。

先週は2日続けてホール&オールのライヴを楽しんできたのですが、
その後が仕事が忙しくて、思うようにPCが開けず・・・

最近は暇な事に慣れてたんで、
久々に仕事が忙しいと、ヘトヘトになります。
昨日は、ストーブの前で洗濯物を広げ、
ハンガーにかけて干そうと思ったのですが、
ベランダに出るのが嫌で、
ごろ~~んと横になったら、そのまま眠ってしまいました。

夜中の2時ごろ目が覚め、
少しだけワインを飲んで、またまた転寝。
次に目が覚めたのは朝5時でした。
慌てて、お風呂に入ったのはいいけど、
またまたストーブの前で寝てしまい、
そのまま、あさ8時まで寝てました。

疲れてんやろなぁ・・・

今日は睡魔との闘いも辛かったわ。
ゆっくり寝たいなぁ。

でも、明日は京都にお参りなんだな。

・・・雨か。
萎えるなぁ・・・
スポンサーサイト
2011年02月22日 (火) | 編集 |
2月21日、22日の2日間、
グランキューブ大阪で行われたホール&オーツのライヴに行ってきました。

予想通り、年齢層高め。
アラフィフの方が多かったように思います。
男女比は半々くらいかな?
お着物でいらっしゃったマダムの姿もチラホラ。
気合い入ってるなぁ。
というか、愛情の深さに感心しました。

ライヴのほうは、正しくベスト・オブ・ベストといった選曲。
知らない曲は無いでしょう。
ただし、1日目は、キーボードのモニターの調子が悪かったようで、
ダリルがイライラ。
ご機嫌斜めでございました。

ライヴ自体も1時間半という短いもので、
少し物足りなさもあったのですが、
ダリルの病気のこともありますから、
「こんなもんかな~」と、納得しました。

今日は、ダリルの機嫌も良く、
昨日よりも1曲多い、15曲を演奏してくれました。
ただ、今回のツアーで、“日本のファンが選んだ曲”の
ベスト1であるはずの“Wait For Me”を
披露してくれなかったのが残念ではありました。

でも、最後にダリルが「See You Next Time!」って言ってましたから、
その言葉を信じて待ちたいと思います。

ライヴの後は、ホール&オーツつながりの友人と食事にでかけ、
楽しい話をして、とても有意義な時間を過ごすことができ、
また次の機会での再会を誓って別れました。
次はいつになるのかなぁ。

ダリルもジョンも、それぞれにソロアルバムを出す予定があるらしいので、
今から楽しみにしています。

あ、そうそう、今日は猫の日だったんですよね~~。
我が家の愛猫の写真を載せたかったのですが、
バタバタと忙しくて撮れませんでした。
2011年02月20日 (日) | 編集 |
6年ぶりのホール&オーツのライブがいよいよ明日に迫りました。
ちょっとドキドキしてきたかな?
何しろ、ダリル・ホールは私の最愛の人なんでね。

でも、その前にしておかなきゃいけないことも沢山あって、
忘れてしまいそうなんで整理しておこう。

明日は、息子が介護実習に行くので、お弁当を作らなければ。
子供たちが出かけたら、なんばパークスシネマへ出かけ、
「戦火の中へ」

を見るつもり(時間と気力があれば)
映画が終わったら、すぐさま帰宅し、
娘に昼食を食べさせて、夕食の支度もしなくちゃ。

3時には出かけて、福岡のホール&オーツつながりの友人と会う。
それから会場入りして、ライブを楽しみ、
京都の友人、息子の3人でハードロック・カフェで食事。

なんとか最終電車には間に合わせたい!!

ちなみに、あさっても同じライブに行くのだ(主人はあきれてる)

あ、トイレット・ペーパー買うのと、
銀行に行くのも忘れちゃいけないし、
駅の駐輪場に娘の月極め契約しに行かなくちゃだわ。

・・・覚えていられない



早くダリルに会いたい
2011年02月19日 (土) | 編集 |
先日、バッグの中身を片付けようとしたら、
なにやらメモ書きが出てきた。
自分の筆跡じゃないので???

レシートの裏に書かれた文章は、
「メモで失礼ですがお聞きしたい事あります。
×××ー××××ー××××(携帯番号)まで
TELください。
迷惑はかけません。
2/15 私し○○と申します」

文章や筆跡からすると、大人の男性と思われるんだけど、
名前も聞き覚えがない。

2月15日といえば、女友達3人で天王寺にランチに行った日だ。
でも、電車の中でメモを入れられた覚えもないし、
食べ放題に行ったときでも、女性客しか目にしなかったけどな。
しかし、考えられるとしたら、食べ放題のときしかないよな~~。

バッグの中には財布やら貴重品も入っていたのだが、
特に何も盗られた形跡は無し。
それだけでも良かったのだけど、
何?これ、新手のナンパ??

考えれば考えるほど怖くなってきた~~。
2011年02月18日 (金) | 編集 |
コンサートホールのレセプショニストのバイトに応募した息子。
書類選考は通って、先日2次試験(筆記、面接)を受けてきました。
結果は自宅に郵送されることになっていて、
今日届くだろうと、
きっと良い結果だろうと思ってたんだけど、
残念ながら不採用。

冬休みの郵便局のバイトも落ちたので2連敗。
う~~~~ん、今はバイトもなかなか見つからない時代ですか?
あちこちバイト募集の張り紙なんかは見るんですけどねぇ。

親の私が言うのもなんですが、
息子は真面目。
ちゃんとリーダーシップもとれるし、
人と接するのだって不得意ではない。
なのになぁ・・・
何がアカンかったんやろ?って知りたいわ。

これにめげずに、また頑張って欲しいんですけど、
結構落ち込んでるみたいだからな~~。
春休みどうするんやろ??

2011年02月15日 (火) | 編集 |
専門学校の友人とランチに行ってきました。
半年に1回の恒例行事?となっておりますが、
何年続いてるかなぁ・・・10年以上??
毎回くだらない話題で盛り上がりますが、
女3人での楽しい時間が過ごせました。

いつもは自然食のバイキングに行くけど、
「中華が食べたい。」と言う友人の希望で、
中華料理のバイキングに行ってきました。
ちょこっとずつだけど、あれこれ食べたらお腹いっぱい。
でも、デザートもしっかりいただきました。
体重計に乗るのが怖い・・・
2011年02月13日 (日) | 編集 |
先日は主人の愚痴を書いてしまいましたが、
みなさんから「ご主人も悩んでいらっしゃるのでは?」
というようなご意見をいただき、
ハッと気づかされました。

そうですよね。
主人と私では性格も違いますから、
子供のことについて、全ての意見が一致するはずがないですよね。

主人がしゃべらないのは、
怒ってるんではなくて、
悩んでいるんだということが分かりました。

息子と同じ高校に進むということで、
“あの厳しい学校で、やっていけるのか”と心配してるんだと思います。
そういう考えが、私には全く無いとは言い切りませんが、
“なったらなったで仕方がないし、そのときにどうしたらいいか考えたらいい”
というのが私の考えです。

娘が“行きたい”というのですから、
そのとおりに行かせてやるべきだと思います。

主人もそのことには反対はしてないけど、
ただただ心配なんだと思います。

それが分かっただけでも良かったです。
ありがとうございました。
2011年02月11日 (金) | 編集 |
夕方にめでたく合格通知が来ました。
見事特進コース合格です。

が、主人は不機嫌。

「オレは厳しい私学より、公立の方が良いと思うけどな。
即断せんでも、もうちょっと考えたらええのに・・・」だそうです。

む~~~ん。

一生懸命頑張って合格したんだから、
「良かったな。」の一言ぐらいかけてやったらいいのにって思った。
ああいう主人の態度が“公立に行け”っていう無言のプレッシャーになるんだよ。
娘が可哀想すぎるわ。

それに、そう思うんなら、娘に対して言えばいいのに、
私に言ってくる
娘も主人には直接言えないみたいで、
私に言ってくる。

む~~~ん。

息子のときもそうだったけど、
いつも私が板ばさみになるんだよね。

息子が自分で私学専願に決めた時だって、
公立派の主人を私が説得した形になったし、
1年生で不登校になったときも、
“おれは反対したのに、お前が行かせたからこうなった”
みたいな態度をとられた。

・・・はあ。

ほんとに主人には疲れます。

息子と同じ高校ということで、
不安があるのはわかりますが、
行ってみなければわからないことですし、
もしも立ち止まってしまうことがあったって、
それはそのときだし、
必要があって立ち止まるんだし。

息子のときに勉強したはずなのになぁ・・・

娘よガンバレ!
私もガンバレ!

2011年02月10日 (木) | 編集 |
雨に降られる事も無く、
無事に受験が終了しました。

帰宅したときの表情も晴れ晴れしていて、
娘にしては珍しくにこにこ顔。
「数学簡単やった♪」と上機嫌。
「DSで遊ぼうかな~、あ、やっぱり合格してからにしよ。」
と、開放感に浸っているようです。

まだ合否が決定していないのに、
息子と高校のことについて色々話してました。
「もしかして、お兄ちゃんの担任に受け持たれることってある?」
「今、3年の担任だからありえるかも。」
「ある意味、お兄ちゃんは先生の間では有名人だから、
名前聞いたら“○○の妹か?”って言われるかな?」
「教頭も俺のこと知ってるからな。」と楽しそう。

制服の事やら、勉強合宿のことやら、
春休みの宿題が半端ないことやら、
話は弾んでました。

こんな嬉しそうな娘の姿を見るのは久しぶりな感じがします。
“受験勉強”という束縛を解かれて、
一気に気が抜けたようです。

あ、でもまだ合格したわけじゃないのでね。

「携帯、何色にしよっかな~。」
(↑高校に合格したら買ってやる約束)
既にルンルンです(笑
2011年02月10日 (木) | 編集 |
PCの調子が悪いです。
取り込んだ音楽をCDに焼こうと思ったら、
「失敗しました」ってメッセージばかり出てダメだし、
あずりんさんのコメントに返信しようと思ったら、
なぜが飛んじゃうし、
ネットも繋がらないことが多い

娘や息子のPCは、そんなことはないので、
やっぱりもうすぐ寿命かなぁ・・・
新しいのが欲しいけど、ブルーレイも欲しいし。
う~~ん。
ほとんど私のおもちゃだからな。

ま、そんなことはよしとして、
娘が先ほど高校受験に出かけました。
緊張感はあまりないようですが、
「食べ過ぎると眠くなるから」と、
バナナを少しとマフィンを半分だけ食べていきました。

お天気は下り坂という予報でしたが、
何とか行きだけでも雨には降られないようでよかったです。

昨日の晩、布団に入ったと思った娘が起きて来たので、
寝られないのかと思ったら、
私立を専願にするか、併願にするかで悩んでいたそうだ。
結局、以前から目標にしていた公立の文理学科を受けず、
私学専願に決めたようです。

もともと、公立に行きたい理由が
・制服が自由
・校則がゆるい
・繁華街を通れる
ってことだったのですが、

「遊ぼうと思ったら、まだ先でも遊べるし。
でも、勉強は今やっとかないと、あとで後悔するし。
どうしてもあの大学に行きたいし。
だから、高校3年間は勉強頑張る!」と宣言してました。

私も、娘の決めたことなら反対しません。
それでいいと思います。

明日、合格発表。
受かれば、息子の後輩になります。