気分変調症を発症して14年。気長に病気と闘う自営業妻の日常。
| Login |
2014年12月03日 (水) | 編集 |
IMG_5234.jpg
12月3日の夕食
 *鶏肉とねぎの中華風胡椒焼き
 *ごぼうの甘辛カリカリ揚げ
 *冬瓜の鶏ひき肉あんかけ
 *冬瓜の中華風スープ
 *黒米

今日は寒かった{{{{(+(ェ)+。)}}}}
年末を控えていることもあり、来客が少なくて余計に寒い。
待っていても仕方がないので、朝から強風に吹かれながら3回も洗濯をした。
寒くても風で乾く感じ。
秋物もようやく仕舞えるかな。

夕飯は昨日に引き続き冬瓜料理。
しかし、子供たちが喜ばないことが判明。
う~ん、もう作らないかな。
冬瓜とベーコン、卵を使った中華風スープは美味しかったけど、
それだけのために、あんな大きな物は買えないしね。
家族全員が喜んで食べてくれるっていうのは難しい。
特に最近は義母の歯が悪くて、柔らかいものしか噛めないので。
義母だけ別メニューもありだな。

それから、実家に宝くじを頼まれて買って送っていたので、
そのお金が届いた。
その中に母から私への手紙。
脳梗塞の後遺症で拙いながらも一生懸命に書いてくれたんだろう。

(前略)
元気なうちに一度○○(私)の家に連れて行ってやると言ってくれるけど、
化粧もしたりしなければならないし、
少しおしゃれもしなければならないから、
私にとっては考えただけで出来ません。
(中略)
行ける夢を見て元気で過ごします。

若い頃から化粧品の美容部員をやっていて、
いつも綺麗にしていた母。
おしゃれも得意だったし、私にとっては自慢の母。
年老いて、おばあさんになった姿を見せたくないんだろうし、
そういうこと一切ができなくなってきてるんだろうな。

親はいつまでも元気でいてくれるんだと思ってた。
脳梗塞になったときはまさかと思った。
いつかは別れが来るんだと分かった。
でも、考えたくないから、
忙しさを理由に手紙も書いた事がないし、
電話も贈り物が届いたときだけ。
何もできない自分に後ろめたさを感じて、
メールすらしてない。

(T T)(T T)(T T)
母を思うたびに涙が出ますね。

お正月は帰れるかな。
もう10年も帰省してないな。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
お母様お元気にはされてらっしゃるのかな?

人生に引き算がないと老いるのはつらいものがあるかもしれませんね。
もうある意味言葉の通じない母を持つ私には、そうしないとつらくなるものがたくさんあります。
いつまでもいつまでも元気でいてほしいですよね。
2014/12/04(Thu) 07:14 | URL  | あずりん #-[ 編集]
あずりんさんへ
おはようございます。
母は元気にしていますよ。
大衆演劇が大好きで、父によく連れて行ってもらっていて、
それが生きがいになっているようです。
引き算、なるほどそうですね。
老いというものはそういうものですね。
2014/12/04(Thu) 08:13 | URL  | わびちゃん #aYDccP8M[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック