気分変調症を発症して14年。気長に病気と闘う自営業妻の日常。
| Login |
2015年11月10日 (火) | 編集 |
連休2日目。
寝不足の割には早く目が覚め、子供たちのお弁当を作り、
朝ごはんにはピザトーストを焼いた。
今までトーストはオーブントースターで焼いていたのだけど、
魚焼きグリルがなかなか使えるということを知ってからは、
そちらをよく利用しています。
あっと言う間に高温になるので、
外はカリッと、中はふんわりと焼けるし、時間も掛かりません。
ピザトーストもあっという間です。
焼けるのが早すぎて、うっかり焦がしてしまうことがあるくらいです。
注意が必要ですね。

主人と2人でインスタントラーメンの昼食を食べてから、
店で使う道具を仕入れに外出。
目的の物は買えたし、他に特に用事もなく、
どうしようかと思ってたら、娘からお弁当に箸が入ってないとライン。
あっ!忘れてたー。
結局お弁当を食べることができなかった娘はご機嫌斜め。
授業が3時前には終わるとのことだったので、
難波まで出てくるように言ったらホイホイ出てきた。

どうやら彼女には目的があったようで、
そこへ連れて行けと。
JR難波駅近くのココ


ついったーで見かけたリコッタチーズのパンケーキが食べたいと、迷わずオーダーしてました。

ふわっふわっで、ほんのりチーズの風味。
横についてたクリーム?も口に入れた途端ふわ~っと溶けてなくなる感じ。
確かにおいしい。
私はほんの一口分けてもらっただけですけどね。

私は夜からのライブに備えて腹ごしらえ。

チキンと玄米のラップサラダ。

それにしても、あまり人通りのある場所ではないのに、
店内はお客さんいっぱいでした。
ウイークデーでこれだったら、土日は相当並ばないといけないんだろう。
パンケーキってまだまだブームなのか。

いい時間になったので、徒歩で今日の目的地であるオリックス劇場に向かう。
私一人ではたどり着けそうになかったので、
主人も娘も付いてきてくれたので有難い。

主人たちと別れてから、しばらくして京都の友人Jちゃんと落ち合う。
彼女と会うのはブライアン・アダムス以来?
私の景気が悪いので、ライブに行くことが少なくなったため、
なかなかご一緒できないのが残念だけど、久しぶりに会えて良かった。

今日のライブはデフ・レパード。

言わずと知れたスーパーロックバンドで、
一番売れたアルバムである「ヒステリア」は、
私が人生で一番聴いたアルバム。
会社から帰ってきて、毎夜3~4回は聴き、
それを1年続けたので、再生回数は優に1200回を超えてます。
ハードロックバンドでは一番好きなグループです。

今回の日本公演で、新しいアルバムの中からの曲を初披露してくれるということで、
日本のファンには最高のプレゼント!
ワクワクしながら入場しました。
席は1階16列目。かなり近くてステージがよく見えました。

7時を5分ほど過ぎたところでライブスタート。

1曲目から新曲を聴かせてくれて、
そのあとはこれでもかってくらいヒット曲でおしてきます。
メンバーのコーラスは相変わらず聴かせてくれるし、
ヴォーカルのジョーもよく声が出てました。

彼らの音楽と出会って約35年。
主要メンバーの死、ドラマーのリックの交通事故での片腕切断など、
数々の苦難を乗り越えて、常に進化を続けてきたスーパーバンドのライブは最高でした。
ギタリストのヴィヴィアン・キャンベルも2013年に悪性リンパ腫を発症し、
今回のツアーも治療を続けながら出演してくれていて嬉しい。
52歳~57歳という年齢を感じさせないパワフルなステージで、
最後まで勢いは止まらなかったです。
私も必死で付いていきました。
オーディエンスが大合唱する場面も多く、
会場が一体となってました。
みんな私と同年代だろうけど熱かったですね。
熟年パワー恐るべしです。

「また会おう」ってジョーが言ってくれたので、次も行きたいな。
4~5年は先になるだろうから、
その頃はジョーも60代、私は50代か。
お互い元気でいられたら良いな。

ライブ後は一緒に観ていた息子と別れ、
友人Jちゃん、Mちゃんと合流して、
四ツ橋駅近くのお店で焼き鳥食べて、ライブの話や、
家庭の話などをしたりして時間を過ごしました。
最終電車に間に合わせなくちゃいけなかったから、
ゆっくりしている時間も少なかったけど、
元気な姿を見れて良かった。

あっという間に2日間のお休みが終わりました。
今日はライブの余韻に浸りつつ眠ります。
明日からまた気持ちを新たに頑張ろう!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック