来年こそ帰省したい
2015年11月16日 (月) | 編集 |

11月16日の夕食
 *天津飯
 *ワカメとたけのこの中華スープ

「静岡に帰りたいなぁ」と、子供たちが口を揃えて言う。
「帰ろうか?」
「でも、お金無いもん」( ´ . _ . ` )
「・・・・。」

なんでこんなに遠くに嫁に来たかなー。

若い頃は、親はいつまでも元気だと思ってたし、
経済状況がこんなに悪くなるとも思ってなかったもんなぁ。

毎日顔を合わせていれば違うんだろうけど、
何年も会っていなかったりすると、
「歳をとったなぁ」としみじみ思う。

子供たちを連れて実家に帰省したのは11年以上も前。
元気なうちに帰ってあげたいよなぁ。

そこで、帰省費用をあれこれ調べてみた。
主人は猫の世話をしてもらうのでお留守番だから、
交通手段は新幹線しかない。
ぷらっとこだまで一人往復18000円ほどか。

冬は布団の用意も大変なので、
実家から少し離れたところにある温泉施設に泊まろうと思ったけど、
安いとは言え、3泊もしたら3人で6万円はする。
うむー(´-ω-`)
やっぱり実家に甘えるかな。

レンタル布団っていう手もあった。
実家から近い業者を探して問い合わせしてみたら、
配送料もかからず、3泊でひと組3500円。
これは安い!
これはアリかも。
帰省決定かな?
いや、絶対に帰る!

ポチッとしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
叶うといいね。

昔母が拝み屋さんみたいなところで、
私たち娘の事を聞いたら、
「2人とも近くには嫁に行かない。当てにするな」と言われたと話してました。
その通りになったわけで。
同じ県内でも、遠いですわ。
2015/11/17(Tue) 04:59 | URL  | あずりん #-[ 編集]
近くにいると、ついつい娘をあてにしてしまうので、
自立のためには良くないかもしれませんが、
体調が悪い時などは、近くだったらな~って思いますね。
毎週電話を入れるのが関の山です。

2015/11/17(Tue) 13:49 | URL  | わびちゃん #aYDccP8M[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック