伊豆へ
2016年08月17日 (水) | 編集 |
台風の影響がなさそうだったので、
父の新車で伊豆半島へドライブ。
せっかくだから一泊しようと、
着替えも持って出かけました。

ご贔屓にしているホテルに電話するも満室。
お正月に泊まった民宿も、
素泊まりならギリギリできるそうで、
食事付きではない。

ホテルはなんぼでもあるから、
飛び込みで聞いてみればいいかと、
適当にドライブして、
父のオススメのお店で昼食。
IMG_2292.jpg
私と父は海鮮丼。

ナビに行き先を入れていなかったので、
途中迷子になりかけたけど、
なんとか稲取温泉に到着。
車の中でスマホで空室検索したけど、
どこも満室(空いてるのは一泊5万円以上)
だったので、諦めていたんだけど、
運良く1軒空きがあった。
当初の予算金額よりもだいぶオーバーだったけど、
せっかくだから泊まりたいと父が言うので、宿泊決定。

3時にはチェックインして、
目の前に広がる相模湾を眺めたり、
横になって休んだりして時間を潰した。

夕飯が一番遅い7時半からだったので、
6時頃に母と一緒に大浴場へ。
久しぶりに入る温泉はしょっぱいお湯でした。
露天風呂はぬるくて寒かったので、
思ったより長風呂できず、
母が上がりたがったので、早めに上がりました。

夕飯はレストランで。
IMG_2298.jpg
刺身の盛り合わせ。

トマトの冷製スープとか、
何かの腸をクリームチーズで和えたものもあって、
和洋折衷な感じ?
IMG_2296.jpg
奥にあるのはお鍋。

IMG_2300.jpg
アワビ、伊勢海老、牛肉、魚のホイル焼き、野菜など盛りだくさん。

他にも金目鯛の煮付けに、
カサゴの唐揚げと、色々あったけど、
お腹いっぱいで食べきれず、半分は断った。
美味しい料理だったけど、勿体なかったなぁ。
ご飯もお味噌汁も断り、
食後のデザートだけ、お部屋に届けてもらった。
こういう時に大食漢の主人が居たら良かったわ。

母もあまり食べなかったので、
「せっかくなのに食え」と、父が怒りだすし、
右手に力が入らないから仕方がないのに、
食べ物をこぼしたりしたら、大声で怒るし、
せっかくの料理が台無し。

そういう母の姿を仲居さん達に見せるの格好悪いのか、
お給仕に来た人に、ジェスチャーでくるくるパーだからとやる父( ˘•ω•˘ )
父のこういうところが大嫌い。
帰省しなきゃ良かったと頭によぎる。
でも、母が可哀想だしね。

忘れっぽくなった母に、相当イラついているらしい事は、
叔母から聞いていたので、
今回の帰省も、ずっと父の話し相手になってたんだけどね。

私が居るから余計にそういう態度をとったんだろうけど、
これからも母の症状が進んで行くと思うと気が重いな。

父が「俺が元気なうちは面倒みる」と言うけど、
とにかく気が短いので、手を出さなきゃ良いけど。

子供の頃からそうだったけど、
父といると、緊張して気分が落ち着かない。
母のためにも帰省してあげたいけど、
帰れば後悔する。
心穏やかになれたら良いのに。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック