気分変調症を発症して14年。気長に病気と闘う自営業妻の日常。
| Login |
2016年09月08日 (木) | 編集 |
IMG_2494(2).jpg
9月8日の夕食
 *ローストビーフ
 *人参とレーズンのサラダ
 *茹で豆
 *マロニーサラダ
 *キャベツと薄揚げの味噌汁

預貯金ゼロ、借金うん百万円の自転車操業の我が家。
当然ながら、娘の授業料も有利子の奨学金です。

しかし、休学でも退学でも、その時点で融資が休止、打ち切りになってしまうので、
たちまち資金繰りができなくなってしまいます。
正確には「できなくなるらしい」です。

我が家の家計は全て主人がやりくりしており、
毎月どれだけの売上があって、どれだけの支払いがあるか、
現在の借金がいくらあるかなど、私は知りません。

子供の教育費などで借金は更に膨らんだようですが、
「大丈夫なん?」と聞いても、
「なんとかやっていける。」と言われていたので、
その言葉を鵜呑みにして呑気にしていたら、

突然「テレビもネットも携帯も切る!」と言われ、
今日は「車も処分して、俺の保険も解約する。」が追加されました。
更には「家も処分して借金を精算する。」も言われました。
のんきな私もさすがに「何言ってんの?」と大声になってしまいました。

家を処分するってことは、店も廃業するってことになる。
「え?店やめてどうするん?」と聞いたら、
「働きに出る」だって。

思わず、
「56だよ?もうすぐ定年になろうかって歳なのに、
雇ってくれる会社があるわけないやん!
子供の為にと思っているのかもしれないけど、
生活の基盤になる店を廃業したら、どうやって生活するん?
子供も成人したんだし、そこまでする必要ないやろ!」
と声を荒らげてしまった。

主人は責任感が強く、
“自分でなんとかしよう”と思ってたに違いない。
私も、家計や店のやりくりに首を突っ込むのはタブーなような気がして、
気になりながらも主人任せにしてきた。

これがいけなかった。
始めから二人三脚でやるべきだった。

子供にやりたいことをやらせてあげたいという気持ちは痛いほど分かるけど、
限界があるってことも話すべきだったと思うし、
家の経済状況も分かっておいてもらうべきだと思う。
どこまでええカッコしいなんだか。

それでずっと喋らないし、食べなかったわけだ。
呆れた。
それでもまだなお、娘には四年制を卒業してもらいたいと思ってる。
バカじゃないの?
子供のために家を潰してどうする。


ポチッとしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック