ほどほどが良い
2016年10月25日 (火) | 編集 |
昼食後、眠くてウトウトしていると、
店のドアの前で手を振る女性。
「ん?誰?」と思ったら叔母だった。

いつもは夫婦で来ることが多いのだけど、
叔父の腰の調子が悪かったり、血圧が上がったりして、
2回連続でキャンセルになっていた。

「今日は主人がいないから思い切り話ができるわ。」と、
お茶を飲みながら叔母の演説をみんなで聞いていた。

叔母の嫁ぎ先がお金に細かいことは前から知ってはいたことだけど、
結婚してからの苦労話を聞いていると、知らなかったこともあって、
ええー、そんなんやったんや。と思うこともある。

「でも、あれだけしっかりしてたから、今は年金も余るくらいあって、
生活には不安が無いねんで。」

少ない年金を生活費に当てて、厳しい環境の義母と比べると、
同じ姉妹でも違うなぁ、羨ましいなぁ、と思うけど、

「でもな、うちは夫婦ふたりで外食したことないねんで。
それどころか、子供たちとも行ったこと一度もないねん!」と不満を言っていた。

「確かにお金も大事やけど、子供たちとの思い出も大事やんか。
そんなんがうちには無いねん。
70過ぎてお金があっても、孫はいないし、欲しいものもないし、
遊びに出かける体力も無い。
2人で食べる量なんてしれてて、スーパーに毎日行っても買うものもないしな。」

うちにはお金がなくて、将来の不安は山積みだけど、
子供と買い物に行ったり、たまには食事やお酒を楽しんだりはする。
だって、今それをしておかないと、子供が巣立ったら夫婦2人きりになるしね。
節約も大事だけど、家族で過ごす貴重な時間も大事だと思うから。

そうか、どっちもないものねだりやねんな。

「ほどほどがええねんで!」と力説する叔母。
相当ストレス溜まってたらしくて、
うちでしゃべりまくって発散できたみたい。

4時間も演説聞いてて食事の支度ができなかったので、
主人の提案で、全員で中華料理を食べに行くことに決定。
義母だって、妹である叔母と一緒に食事をすることなんて滅多にないことだから、
私たちに遠慮はしていたけど喜んでくれたみたい。
叔母も「いつぶりだろう。」と喜んでいた。
やっぱり、こういうことはケチったらいけないなって思った。
主人、グッジョブ( '-^ )b

IMG_2932.jpg
お腹が空き過ぎてて、写真はこれしか撮ってません。
夜の炭水化物は控えているので、五目スープとレバニラ炒めをいただきました。


ポチッとしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
叔母さんの話が身に染みた。

遊びもしとかんとね、って思うよ。
家は義母同居だったので、遊ぶことにお金使うのはすごく気兼ねだった。自分がインドアの人なので何度も恨みがましく愚痴られたことあったし。
でも、ほんま子どもとの思い出とかとは引き換えられないものあるものね。

ほどほどが一番だけど、
そこが結構難しい?笑。
旦那さんの機転素晴らしい。
暖かい食事になられたことでしょう。
2016/10/26(Wed) 06:49 | URL  | あずりん #-[ 編集]
あずりんさんへ

家族で海外旅行なんて贅沢はできませんが、
バイトあがりに待ち合わせして、スタバの新作を飲むくらいのプチ贅沢はできるし、
そこで色々相談したりするのも貴重な時間です。
子供たちが成人を過ぎ、
一緒に過ごせる時間が大切に思います。
2016/10/26(Wed) 22:45 | URL  | わびちゃん #aYDccP8M[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック