音楽を聴いて泣いたのは初めてかも
2016年12月03日 (土) | 編集 |
このブログにも書いているオカダユータ。
先日、大阪のAMラジオに生出演しました。

どうして出演することになったかっていうと、
ラジオ祭りというイベントが開催され、
そのライブアクトのオーディションにユータくんが受かり、
当日、ラジオパーソナリティーの妹尾さんに無理言って会わせてもらい、
その時に手渡した「シリウス」のCDを、
妹尾さんが聴いてくれて感動しはったみたいです。

「是非 ゲストに!」と、トントン拍子に話が進み、
忙しいスケジュールの合間を縫って、
妹尾さんの番組に生出演という運びになりました。

30分くらいじっくりと話をしてくれ、
ファン歴の浅い私の知らなかったことも分かりました。

歌手になりたいという夢を追いかけていたけど、
友達たちが次々と社会人になっていき、
「俺も働くべきか?」と自問自答して、
6年間、営業マンとして働いていたそう。

その頃に、車の中で聞いていたのが妹尾さんの番組で、
妹尾さんの人柄に惹かれて、毎日聞き続けていたんだって。

一度は諦めた歌手の道。
でも、車を運転していても、頭に浮かんでくるのは曲ばかり。
「歌いたい」って気持ちが抑えきれず、
サラリーマンを辞めて、再び歌手を目指すことに。

昔の彼を知っている人はおらず、
一からのスタートだったそうです。
曲を作ってストリートで歌う。

そんな彼の一番のファンがお母さん。
夢を追いかけてた時も、諦めた時も、
常に応援してくれていたのがお母さん。
出来上がった曲を聴いてもらうと、
「ええ曲やなぁ~。」と褒めてくれるお母さん。

こんな話を一通り聞いてから「シリウス」流れるもんだから、
私も感極まって涙。
妹尾さんも、アシスタントさんも、そしてユータくんも涙。

私は以前から、歌詞はあまり頭に入ってこないタイプで、
リズムの良さとか、ハーモニーの心地よさとかが好きの基準だったりするんだけど、
ユータくんのはっきりとした言葉で丁寧に歌う詞が心に染みて、
今日もiPodで聴きながら涙してしまいました。

母を思う子供としての気持ち。
息子を思う母としての気持ち。

どちらも持ってるものだから、余計にグッと来てしまいます。

是非とも皆さんに聴いてもらいたいと思うのですが、
残念ながらMVというものがありません。
タワレコオンラインでの取り扱いもなく、
関西の一部のCDショップにしか置いてません。
iTunesなどで試聴は出来ますが、フルで聴いて欲しい(><)

前にも貼りましたが、もう一度貼っておきます。



そして、music.jpのニュースでも紹介されました!
関西に「シリウス」現る、オカダユータなる男



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック