優しく接することができないのは、心にゆとりがないから
IMG_3526(2).jpg
1月19日の夕食
 *ふきとごぼうと人参の煮物
 *ニンニクの芽と豚肉の炒め物
 *白菜とベーコンとコーンのサラダ
 *豚汁

日曜日以来、久しぶりに義母の顔を見た。
相変わらず咳き込んでいるけど、
義妹の不満を口にするくらいだから、
だいぶ良くはなってきているんだろうけど、
「今年1年持たない気がする。」と言うあたり、
体力の低下を感じずにはいられないんだろうな。

抗がん剤を服用しているために、
たった1本残っている歯を抜くことができないので、
総入れ歯が上手く入らず、
物が噛めない上に、味覚も感じないそうで、
「なんも食べとうないねん。お腹が空けへんねん。」と何度も何度も言うもんだから、
辛いだろうとは分かっていても、
(何度も言わなくても)「分かってるって!」と言ってしまい、
ダークな自分に滅入る。

もしも、義母がいよいよ弱ってきて、
自宅介護しなくちゃいけなくなったら、
優しく接することができるだろうか?
自信ないなぁ。
体力的にもキツイだろうし。
でも、施設に入れるお金も無いしなぁ。

義母の事は、そのまま30年後の自分なんだと思う。
子供たちにもそんな風に思われるんだろうか。
そうなったらボケた方が私は楽なんだろうけど、
子供は困るだろうしね~。

でも、そういう道を踏まないと、人間って死ねないもんね。
せめて、金銭的に苦労かけないようにしたいけど、
年金無い上に、仕事もできなくなるんだろうから、
今の家の状態と同じか、更に悪い状態になるのは目に見えてる。
尊厳死、認めてくれんかな。

あれ?もっと明るいこと書くつもりだったのに、
なんでこういう方向に行ったかな(笑)

要するに、与えられた命がある限り、
精一杯生きるしかないってことなんだろうな。


ポチッとしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村




スポンサーサイト
Comment
4620
本当に。
生まれるのも死ぬのも自分では選べない、
ってことなんですよね。
生かされてる意味、生き抜く意味を考えていたいと思います。

母はおばあちゃんとあんまりうまくいってなかったけど、
おばあちゃんが寝込んでとても親身に世話を焼いていました。
委ねられたり、分からなくなったりのおばあちゃんに、
初めて優しく出来る気持ちが芽生えたのかな。
あの母の姿は私が義母をみていた時にずっと心にあったものです。
わびちゃんの優しさは今でも十分ですよ。
先のこと不安がらないで、大丈夫だと思います。
4621
いつも励ましやあたたかいメッセージありがとうございます。
私はお年寄りと一緒に暮らしたことが無かったので、
老いるって事がどういう事なのか理解できなかったんですね。
「子供と一緒やで」とはよく聞きますが、
自尊心を傷つけないように接するのはなかなか難しいですね。
コメントを投稿する
Trackback
trackback URL
→http://wabichan8823.blog48.fc2.com/tb.php/2571-2b6fe409
TOP
プロフィール

わびちゃん

Author:わびちゃん
ネガティブ思考。
言いたいことも言えずに我慢しちゃいます。
ここでは口に出して言えないことも書かせていただきます。
吐き出しも多いですが、温かい目で見てくださるとありがたいです。
二匹の愛猫(雄猫9歳・雌猫8歳)に癒される毎日です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
2238位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
307位
アクセスランキングを見る>>

スピッツ “醒めない”

フジファブリック “SUPER!!”

フジファブリック SUPER!!

yjimage.jpg

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング