自営業に定年は無いとは言うけど
2017年04月23日 (日) | 編集 |

4月23日の晩ごはん
 *鯖のきずし
 *豆苗とベーコンと卵の炒め物
 *豆のサラダ
 *水餃子
 *豆腐とネギの味噌汁
 
先日のこと。
仕事をしていたら、「ドン!」と言う大きな音。
店の前の道路を走っていた車が止まったので、
事故か!?と慌てて外を見てみたら、
道路と歩道の境に立てているポール?を2本もなぎ倒して車が止まってる。

現場を見ていなかったからよくわからないけど、
縦列駐車でもしようと思ったときに、ブレーキとアクセルを踏み間違えたのか?
運転していたのはご近所の歯科医さん。

外で立ち話をしていたうちの主人と本屋のご主人、
食堂のご主人、そこに私と義母も加わって(仕事終わったので)、
成り行きを見守っていたのだけど、

「歯医者のご主人いくつや?」
「もう80近いんちゃうか?」
「そりゃ、危ないわな。」
「人身事故じゃなかったから良かったものの、運転はやめたほうがえんちゃうか。」
とディスカッション。

そこへ義母が一言、「あれじゃ、歯の治療してもらうのも怖いわー。」

あのねえ、そりゃそうかもしれないけど、そういうことは他人の前で言うことじゃないでしょ。
それに、自分のことを棚に上げてるよ。
私がそれとなくやんわり注意したら、
「分かってるわ!手が震えたら仕事辞めるわ!」と語気を強めた。

自分は大丈夫って思うだろうし、
実際、仕事に関してはしっかりしている義母だけど、
常連さん以外は「こんなおばあちゃんで手元は大丈夫か?」って不安になる人もいるはず。
(常連さんにも「手が震えへんか?」と言われた経験あり)
やっぱり怖いよね。
高齢のタクシードライバーとかさ。
(今は定年が決まってるらしいけど)

でも、そういう事を考えると、
私自身も何歳まで仕事ができるかというよりも、
お客さんが“させて”くれるか心配になるわ~。
生涯現役のつもりでも、お客さんが敬遠したら仕事にならんよね。

そう思ったら、ますます“今”頑張らねば!と思うのだった。


ポチッとしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック